FC2ブログ
2008-10-13(Mon)

不感症とオルガズム

スポンサード リンク
ある調査によると多くの女性が性的に満足している一方で、43% の女性がオルガズムに達することに難しさを感じています。満足を得られない女性の多くは浅いオルガズムに達する程度もしくは、達した振りをしているのです。
オルガズムに達した振りを女性がするのは、本当のことを知ったらパートナーの自尊心を傷つけるだろうとか、自分が不感症だと思われるかもとか、もし本当の事を知られたらパートナーを失うかもしれないと思っているからなのです。

日本人女性は オルガズムを経験することが 他国に比べて少ないと言われています。これは日本人女性の特性だけでなく、男性にも問題があるかもしれません。

女性が オルガズムに達すると、体が弓なりになり、筋肉が緊張して、膣と子宮壁が下腹部の筋肉 と 肛門 に一緒に リズミカルに収縮します。女性によっては体全体が痙攣することもあります。女性が オルガズム に達したかどうかを判断するためには、女性の膣の奥の方が収縮するのを感じたかどうかです。

また、オルガズムを体験したことのない女性が オルガズム を迎えるためには、最低でも15分以上のピストン運動が必要です。女性の快感が絶頂に向かって上昇し始めたら、1秒間に3~4往復の速さでピストンしなければなりません。もちろん 個人差はありますが、5分以上はピストンを続ける必要があります。これは男性にとってはかなり難しいことかもしれません。

NEW FEMAGEL(フェマジェル) は特に ”不感” や ”不満” をお持ちの女性におすすめします。これまで、なかなか オルガズム に達することができなかった方女性は、ぜひご利用下さい。男性にまかせっきりにするのではなく、より ポジティブ に SEXを楽しみ オルガズム を感じてください。

NEWフェマジェル3個セット(070303B)【ハートヘルスヒーリング】NEWフェマジェル3個セット(070303B)
6,980円

すべての女性にオーガズムの悦びを・・・新感覚ジェル


スポンサーサイト



2008-10-13(Mon)

プチ整形で二重まぶた

スポンサード リンク
アイプチとはご存知の通り、まぶたの上に付ける接着剤の様なものです。プチ整形で二重まぶたにするのが流行っていますが、プチ整形に抵抗がある人にはおすすめのツールでしょう。しかし、アイプチの使い方、やり方のコツがイマイチつかめないという悩みも多いのも事実…。
アイプチは、美容整形手術のようにお金をかけたり、皮膚を切開することなく手軽に二重まぶたをつくりだせるというメリットを持ち、たくさんの女性から支持されています。一方で、最初のうちは思うようにまぶたをくっつけることができず、接着剤がまぶたからはみだしてしまうことも少なくありません。
また、接着剤によって皮膚と皮膚をくっつけますので、くっついている間は皮膚呼吸を阻害し、皮膚に負担をかけてしまいます。場合によっては皮膚が荒れるなどのトラブルも起こることも。

D-ライン
矯正法女性の美顔、美容整形で相談が多いのは、目元の二重瞼形成に関する相談ですが、
従来の切開法、埋没法のような手術には不安を感じる方が多く見えました。
これらの手術による二重まぶた形成法は強引な方法でやり直しもできませんので、不安を感じるのも当然です。
より、自然な美しさをという女性たちの願望にお答えできる方法がD-ライン二重矯正方法『リセ』です。
100%安全、確実で自然な二重矯正方法です。しかも、何度もやり直し『修正)ができます。
私どもに来る相談の約8割がD-ライン矯正に関する相談で、又、非常にご好評も頂いております。
これからは、D-ライン二重矯正法が一般的な二重瞼形成法になっていくものと思われます。

リセの効果は、D-ライン矯正法にあります。
最新の二重まぶた矯正法“D-ライン矯正”なら、まぶたのクセそのものを矯正するため、
仕上がりはとっても自然。しかも何度でも微調整が可能です。
本来の処置では、専門機関に何度か通ってクセ矯正を行ないますが、
今回自宅用が開発された事でその手間も省かれたのです!
つまり!本来はまぶた改善まで何度か通わなきゃいけない“D-ライン矯正”でも、
リセを使えば、この専門的な“D-ライン矯正”を誰でも自宅で簡単にできるようになります。

『リセ』パッチリ二重に永久矯正【healthy-support】『リセ』パッチリ二重に永久矯正
8,800円

今なら最大40%off!アナタも憧れのパッチリ二重に!某女性タレントのブログで話題になった“D-ライン矯正”が自宅で簡単にできる!【成功率93%】最短5日、平均10日でパッチリ二重が完了!
プロフィール

女性の悩み解決WEB

Author:女性の悩み解決WEB
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク